さの高典 Web SITE  
トップページへ
プロフィールへ
琵琶湖主義へ
活動報告へ
県議会報告へ
TAKANORIのブログ
後援会ニュースへ
後援会入会へ
湖国の四季へ
リンクへ
 

県議会報告
 
 生活文化・土木交通常任委員会県内行政調査
 梅雨が明け猛暑が続いていましたが、今日は久方ぶりの雨。所属する委員会の県内行政調査が行われました。
草津市の「しが県民芸術創造館」の施設等の概要について、芹谷ダム関連地域の現況等について調査を致しました。芹谷ダムは平成21年1月に中止が決定をいたしましたが、その後の地域整備や生活再建について早急に解決を図りたいとされていますが、県当局と住民皆さんの考え方に大きな隔たりがあり、協議が進まない状況であり地元のダム対策水没部会の皆さんの生の声を聞くことの必要性から芹谷地域の現況調査を行いました。
 ダム本体計画がなくなり、「使途を限定しない金銭補償を求める」ことを水没部会は決定をされていますが、補償をするということは難しいものがあります。
  しかし、約半世紀にわたり県の施策に翻弄されてきた地元の皆さんの家屋は老朽化し、住民は平均年齢70歳を超えた今日、主体である県は何を成すべきか真摯に議論する必要があります。
「対話と共感」を述べておられる知事でありますが、中止後一度も話し合いの場につこうとしない、誠意が感じられないと強い怒りの声を聞きました。議会も早期に決着が図られるよう努力をしなければなりません。
芸術創造館の説明を受ける 元芹谷ダムの計画予定地
芸術創造館の説明を受ける 元芹谷ダムの計画予定地
 

さの高典後援会事務所


〒520-0232 滋賀県大津市真野5丁目15-5
TEL・FAX : 077-572-1375
E-MAIL : info@sano-takanori.com
URL : http://www.sano-takanori.com/