さの高典 Web SITE  
トップページへ
プロフィールへ
琵琶湖主義へ
活動報告へ
県議会報告へ
TAKANORIのブログ
後援会ニュースへ
後援会入会へ
湖国の四季へ
リンクへ
 

県議会報告
 
 県外行政調査を実施
11月10日(火)から12日(木)まで環境・農水常任委員会の県外行政調査が行われました。
 今回は福島県や宮城県を中心に有機農業への取り組みや農産物の輸出の実態、環境部門では間伐材の利用促進そして最終日は「鳴子ツーリズム」の取り組みや山間部での「鳴子の米プロジェクト」に取り組んでおられる行政、農家のご意見を聞かせて頂き、担い手の問題や行政主導から民間主導への切り替えの苦労話しを拝聴致しました。

  最初に訪れた福島県農業技術センターでは有機農業の研究・支援を中心に取り組まれておられます。一方、福島県は豊富な果物、とりわけ「もも」「りんご」「精米」を東アジアへ輸出し、国内需要の先細りに対応されているところであります。

  宮城県では県土の57%を占める森林の間伐材の利用を地元製紙会社の協力のもと取り組まれ「もっともっと・みやぎの間伐材」流通拡大を目指されていました。

  「鳴子」は温泉の町でありますが、観光客の減少により農・食・湯治をつなぎ無農薬のコメつくりを行い構造改革特区制度を活用し新たな観光客の誘致や湯治や市民農園をリンクさせ賑わいを取り戻そうと行政から民間主導で懸命に取り組んでおられました。

  いずれの事業も官民あげての事業であり、地域のリーダーによってその取り組みは大きく変貌することを知ることができました。
福島県農業総合センター 農業センターでの研修
福島県農業総合センター 農業センターでの研修
 
宮城県議会での調査 大崎市鳴子総合支所にて
宮城県議会での調査 大崎市鳴子総合支所にて
 

さの高典後援会事務所


〒520-0232 滋賀県大津市真野5丁目15-5
TEL・FAX : 077-572-1375
E-MAIL : info@sano-takanori.com
URL : http://www.sano-takanori.com/