さの高典 Web SITE  
トップページへ
プロフィールへ
琵琶湖主義へ
活動報告へ
県議会報告へ
TAKANORIのブログ
後援会ニュースへ
後援会入会へ
湖国の四季へ
リンクへ
 
私は琵琶湖主義。滋賀県議会議員 さの高典
ご 挨 拶
新年明けましておめでとうございます。
平成30年の新春をご家族お揃いで迎えられ心よりお祝い申し上げます。
 有為転変は世の習いとは申せ、昨年は日本各地で台風による被害や山崩れなどが発生を致しました。
私たちの湖西地域でも台風21号による被害は大きなものがありました。観測史上初めてという瞬間最大風速を記録しJR湖西線のコンクリート柱が折れ二日余り不通となるなど通勤、通学に大きな影響が出ました。幸い人的被害はありませんでしたが、道の駅「妹子の郷」の屋根の一部がはがれたり、志賀中学校体育館の屋根の損傷や民家においても屋根の瓦が吹き飛ぶなどかなりの被害がありました。
 また、場所によっては長らく停電が続き、オール電化の家庭などでは大変不自由な生活をおくられました。電気の有難さをつくづく感じたと述懐されていました。
 一方、明るいニュースでは滋賀県出身の桐生選手が日本人で初めて100m10秒を切り9.98秒という快挙を成し遂げられました。日本で初めて9秒台の記録達成は滋賀県人にとって最高の喜びであります。
 政治の世界では「北」という漢字が昨年を表す漢字に選ばれたように北朝鮮の核実験や弾道ミサイル実験が日本の平和や安全を脅かす行為として大きな衝撃であったからです。しかしながら国会では国防についての議論よりも森友学園や加計学園獣医学部新設に関する追及ばかりで国の安全保障や防衛という根幹に関する議論がなかったことは残念でなりません。
 県政におきましては、三日月知事が任期満了を迎え、夏には知事選挙が行われます。自由民主党県議団も知事四年間の評価をしているところであり、党内で知事選挙についての対応が求められるところであります。
 自由民主党県議団も各方面から要望のある災害に強い県土づくりや少子高齢化社会での福祉・介護の問題、将来を託す子どもたちの教育問題、そして琵琶湖を始めとする環境への取組など限られた予算の中で諸課題に対する問題を如何に予算化していくかが肝要であります。
 私達は県民目線に立たせて頂き、限られた予算の中で県民皆様のご要望が少しでも実現し、夢と希望が持てる滋賀県づくりのため邁進してまいる所存であります。
私、佐野高典も「琵琶湖主義」を掲げ母なる琵琶湖の大らかさを胸に抱きながら議員活動を展開してまいる決意でありますので皆様方の変わらぬご指導とご鞭撻を賜りますようお願い申し上げますと共に本年も皆様方にとりまして幸多き一年となりますようご祈念申し上げ年頭のご挨拶とさせていただきます。
平成30年 元旦
滋賀県議会議員 佐野高典
 
さの高典後援会事務所


〒520-0232 滋賀県大津市真野5丁目15-5
TEL・FAX : 077-572-1375
E-MAIL : info@sano-takanori.com
URL : http://www.sano-takanori.com/